2010年07月24日

ArduinoでLCDに日本語表示する方法!

IMG_0003.JPG


やった!ようやくArduinoでLCD[SD1602HULB]に日本語(カタカナ)表示することが出来ました!いろいろなブログ等を見たのですが、自分の理解力がまだまだで、うまくできませんでした。

結局、C言語の知識で解決しました。スケッチもC言語みたいなもんだし、たぶん大丈夫!

スケッチはこちら。



"<"と">"が全角になっています!
#include <LiquidCrystal.h>

LiquidCrystal lcd(12, 11, 5, 4, 3, 2);

//カリメン コウサクシツ!
char text[] = {0xB6,0xD8,0xD2,0xDD,0xA0,0xBA,0xB3,0xBB,0xB8,0xBC,0xC2,0X21};

void setup() {
lcd.begin(16, 2);
lcd.print(text);//文章を表示
}

void loop() {
}


こんな感じです。あらかじめchar型で表示したいテキストを入力しておきます。それを後から使う感じです。

SANY0009.JPG


LCD[SD1602HULB]についてきたデーターシートによると、0〜Fの16進法の表になってます。ので、たとえば「カ」を表示させたいときは、まず16進法であることを表す「0x」を付け、表に習って「B6」と打てばよいことが分かります。これを一文字ごとにカンマで区切って文を作れば完成です。

注意しないといけないのは、この方法だと、今まで普通に表示できた「!」やアルファベットも表に習って入力しないといけなくなることです。

少々面倒くさいですが、何とか日本語表示出来るようになりました!
posted by green at 09:15| Comment(0) | Arduino | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。